掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]

おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 |

[1060] 数学の授業の思い出 投稿者:よりより(桜中のくのいち) 投稿日:2015/07/15(Wed) 20:08   [返信]
長崎を取材した「家族にかんぱい」のTVが終わりました。
もっと懐かしい場所がと思ったけど、あれは一種のトーク番組だからね。それでも何度もお使いに行った新大工町、松島写真館も懐かしいものでした。長崎の今の子どもは長崎弁、長崎なまりを感じさせませんね。ちょっと気取ったかな?
 桜馬場中3年のときの担任は、やたらと往復ビンタする数学の先生でした。そのかわり秘かに変なあだ名がついた。でも数学が苦手だった私は嬉しい変化が、驚くべき結果が出た。数学が大好きになったのです。「目からうろこ」のたとえにぴったり。先生の数学が頭の中にグングン入って、さらに大好きになり、それで西高に入れたようなものです。
 ところが・・・、西高に入り代数の時間に現れた、全身それこそ「カタカナ」で出来た先生だった。テストも全部カタカナで書いてある。私の数学の理解が100から10くらいに急降下、現在に至っている。あの先生は普通の連絡帳も手紙も全部カタカナで書くのかなあ、などと余計なことばかり考えていたから低空飛行以下の成績だった。それでも嬉しくも卒業を許してくれた学校の懐(フトコロ)の深さに感謝しています。
 今思うと同級生だった数学の得意なノッポジージョや昼提灯さんに「教えてください」と云えばよかった。現在と違って、そんな知恵もなく度胸もなくションボリした2年9組の私。陽の当たる窓側の席で担任の山崎先生の乙(古典)の時間、「いとおかし、いとおかし」をうつらうつらと聞いていたのも「いとおかし」です。
 名なしの権兵衛さん
  桜中時代の私は、1年16組、2年14組、3年4組に在席でした。
 数学の担任の先生のあだ名は「こって牛」でした。亡くなられましたが、私の一生の恩人です。

[1058] 初戦突破! 投稿者:昼提灯 投稿日:2015/07/13(Mon) 14:16   [返信]
7月12日諫早東を2-0で破り、順調なスタートを切ったようですね。
2回戦は16日、佐世保南との対戦のようですな。遠く関東の空の下で応援しちょりますけん。
ライバル長崎東は(何?ライバルじゃなかと?)は12-2で上対馬に勝ったげな。
決勝で東とぶつかれば面白かね〜。

http://hiromigita.cocolog-nifty.com/


[1056] 鶴瓶の家族にかんぱい 投稿者:よりより(桜中のくのいち) 投稿日:2015/07/11(Sat) 21:11   [返信]
佐田まさしの紫陽花の詩
蛍茶屋から鳴滝までは♪♬
おう、おう!!
私の縄張りじゃなかね!!
7歳から14歳まで桜馬場2丁目に住んでた。放映された場所からお諏訪さんまで私のホームグラウンド。中川町からゆったりした坂のつきあたりが今は鳴滝高校になってるが、若いころは県立女子短大、14回生の中にも通学路として親しんだ方もいるではないかしら。
14歳まで家の手伝いをよくするお姉ちゃんで、いっぱい遊んだところです。6歳ちがいの弟を背中にかろうて「ケンパタ」をし、これは母にひどくおこられた。薪を割り、かまどでご飯をたき、ゴム飛びをし、12ダケをし、よく遊び、よく遊び・・・よく学べの前に、ご飯をいっぱい食べてバタンキューの生活でした。
蛍茶屋の商店街にも電車通りの向こうから新中川町の料亭橋あたりにも友人がいる。昔の子どもは信じられないくらい遠くに遊びに行ったものですね。
なんだか「想い出だけの中に生きる女」になったようです。
長崎は本当にいいところ、大切に大事にしたい。
来週も「鶴瓶の家族にかんぱい」必ず見よう。じゃまたね。

[1054] 今日から7月、我れら「羊歳も後半戦」に突入… 投稿者:マウンド 51 投稿日:2015/07/01(Wed) 13:49   [返信]
同期の皆さんは、前半戦は夫々の毎日がご多忙、ご健勝で何よりと嬉しい限りです。
それに反して、6月中の掲示板は11の投稿とはチョット少なかったネ。
拙者も投稿30日の間隔を守るも、「故障者リスト」に登録したい心境。
何せ、最近、体力の衰え、ボケが始まりそうな感じ(昔からだ、との声が聞こえる)、その上にテレビでのボヤキが酷くなったかな…こんなはずではなかったのに?
梅雨が長引きそうだが、高校野球も始まる、今年こそは、甲子園のアルプススタンドで、同期会をやりたいものです。在京や福岡のメンバーにも会いたいし、長崎の皆さん、県営球場での応援で汗かいてネ

[1053] みほさん、金具、取りましたよ 投稿者:琴次郎 投稿日:2015/06/27(Sat) 14:25   [返信]
あれから早1年、16日に、金具を取り外しました。
具体的には、下半身麻酔をして1時間30分掛かりました。
身内は、もしもの為に待機が義務ずけられてます。
切り口の縫合は、内側から溶ける糸、さらにその上を溶ける糸と2段に縫い
最上部は、針金でホッチギス風に、16か所留めて、縫合終了です。
退院前日に、ホッチギス部分をとる時に、超、イタイイタイと16回言うそうです。
みほさん、余計な心の準備をさせて、ごめんなさい。
2度目の、独身12日間、自由と怠惰な生活を謳歌して満足でした。
バレないように、証拠隠滅に汗をかきましたが、なにも言わないので、成功したようです。
例のベッピンさんの事ですが、オードリーヘップパーンと、エリザベステーラーを
混ぜて、割ったような、大人びた美人でした。余計なことですが個人的には、
ソフィヤローレンの、泥臭い役と、コメディーな演技で、美人で大衆的な所と、モンローウオークより、かっこよくて、好みなんですけどね。
それでは、みほさんの、金具とりが、うまくいきますように
それから、講演会もうまくいきますように、得意のギャグも入れてね

[1052] 「いくとせ古里、来てみれば」の歌を思い… 投稿者:ながた みほ 投稿日:2015/06/25(Thu) 01:22   [返信]
琴次郎さんの「アメリカのベッピンの若い女性」のところに、真っ先に強烈に視線が行って、ついつい深夜でも(寝るべき頃なのに)一筆啓上。
やっぱり琴次郎さんは、「農繁期」、だった。ただし、自分ちのではなく、よそんちの農業の研修だそうで、畏れいりました。

……青い大きな、梅の実ではなく、今は柿の実の青く可愛く、みっちり渋そうなのが、コロコロ、路辺に落ちています。本当に可哀相で可哀相で、折角、白い花が付いて、やっとやっと律儀に四角い柿の実・赤ちゃん柿の実となって、この世に生を受けたのに、ここで落下してしまうなんて、なんてこの世は理不尽なのか。涙、涙。
かつては、あれほど青々として活気のあった、緑なす限界集落の痛みを、私も人間の生の営みの一つの姿(衰退)として、痛みます。

余のことより、本来そろそろ「とらんぽりん」の寄稿の時期ですが、今月はやむを得ず雨天順延にさせていただきます。来月初め、ある授業の講師を命じられて、現在そのレジュメ作りに没頭。目医者さんによれば、目はいくら激務で使っても疲れないが、身体の神経がそのぶん磨耗するって。それ、人体にとっては同じ「疲労」の結果じゃないの?。ハハーン物は言い様だ。私も言ってやろう「頭の形は変わらないけど、中身が変わった」

今日昼間、私はあの骨折手術の病院へ行き、そろそろ膝の金属を取り外す準備のレントゲン撮影と、近いうちの手術の予定の相談を致しました。
う・マー。折角の、我が身離さず付けている「金目」のものが、また減ります。惜しい。
琴次郎さんの奥方の「できるだけ早く、術用の針金は除去したほうがいい」とのアドバイスを大切に決心してのことです。術後そのままの方々も沢山あるそうです。ところで「アメリカの若い女性」は若いとき、たいてい日本人の目にはベッピンにみえます。色が白くて、スタイル良くて。琴さん、目を覚ませ!  私の(若い時)印象に残った「アメリカのベッピンさん」は、お祖父さんがインデアンだったそうで、タッカーさんという名前でした。それがインデアンの方の特有の名前なのか、今でもわかりません。彼女こそ人柄がよく、色白で知的で、ステキな方でした。

[1051] 限界集落を訪ねて 投稿者:琴次郎 投稿日:2015/06/21(Sun) 11:48   [返信]

再度、暇つぶしに、読んでいただければ、幸いです。
保育園の先生をしながら、休日に、雲仙道の標高7百メートルの所(西有家地区)の
10世帯程度の限界集落で、稲作をしようと、取り組んでる方の主催で、
農業塾の真似事に参加しました。ひとり1500円ですが、友人と4人、
その不屈の精神に刺激を受けたいと思いまして、他には、子供5人と、
地元の年配者5人、ニュージーランドの英語の男の若い先生と
アメリカのベッピンの若い先生、食事のお手伝いさん4人が参加されていました。
 主催者は、英語ペラペラです。私達の時代と違って、今は皆、外人が、英語の先生です。 農業機器もなく、荒れた棚田を、ほとんどひとりの人力で開拓して、
米の苗を植え付け、根菜や野菜類も、やっておられました。
 あれやこれやれの制約がないので、集落を回り、表に出ている方を探して、
お話をしてきました。 あまり人が訪ねてこないのか、待ってましたとばかりに,
応対してくださり、話が延々と弾み、帰りにきれいな花が咲くサボテンを
分けていただきました。 昔は、分校も有り、賑やかだった跡が残ってましたが、
今では、棚田も、住まいも、手入れが、悪く,廃屋も多く、このような所が、
全国に何千か所(万かな?)もあるんだと思うと,ゾッとします。
 道路も電気、水も引けるし、インフラが整っていても、棚田の存続は大変、
もったいない事です。 夏は下界と4〜5度違って冷房要らずだそうです。
ホタルの舞いもありそうです。民泊の女子学生とこの近くにホタルを見に来たことが
ありますが、手のひらに留まったりして感動してました。
小さい棚田の手入れは大変です。 主催者は、人柄も良いし、多様な人脈もあり、応援者が、集まってくれます。初めての開催でしたが、発展して頂きたいものです。
カレーライスと豆乳そうめんを頂き,ジャガをお土産に、おいしい空気と自然を満喫して
心が洗われたと、友人が言ってましたが、同感です。
最初に開拓された方々のご苦労には、よくぞやりきった、と思いつつ、そこに、
いつもサボっている自分がいました。

[1050] 壱岐・対馬のこと 投稿者:昼提灯 投稿日:2015/06/16(Tue) 10:59   [返信]
ながたみほさんが[1049]で「魏志倭人伝」に関連して、壱岐・対馬が長崎県だったと
再発見したように述べられていました。
実は現代史的立場から「壱岐・対馬」が何故長崎県なのか、何故福岡県ではないのか、
自分なりに我見をブログに書いてみました。よかったら下記参照先を覗いてみてください。

http://hiromigita.cocolog-nifty.com/


[1049] 雨中お見舞い。そしてちょっとハズレタ話を。 投稿者:ながた みほ 投稿日:2015/06/13(Sat) 14:05   [返信]
住宅地の路に、大きな青い梅の実が落ち、コロガっているのを見て、緑ゆたか風光明媚な島原の琴次郎さんの事に思いが及び

ました。今頃「農繁期?」で、お忙しいのかなぁと。そうしたら掲示板の事を(このごろ寂しいと)心配しておられました。

以前には、小田原の昼提灯さんがこの頃「よりよりさん」が静か?だと心配中でした。だから「心配しなくてもいいです。そ

の内、また内容みっちりの投稿がありますっ」て、なぜか私が彼女に成り代わって励ましていたら、その直後に彼女から長崎

鮮度100%の投稿あり。また私自身は、最近の「山姥さん」の投稿を拝見し、余りの堂々たる内容。感動して8回くらい、

同じ内容に見とれてしまいました。迫力・行動力・精神力・内容。だから投稿無しでも見て読み楽しむ人があるのですって。

「山歩き、すごいなー。ここに横から余計な投稿をしたらその感動を妨げる」等と…眺めている方 も多かったのでは。

見よ。山姥・鬼婆・安達が原の…この老成女性軍の落ち着きと、おっとりながらも『掲示板』を守護している警護勢力を。
『鬼道につかえ、よく衆を惑わす』という卑弥呼さんの先例もあるけれど。

と言えば、読書家のマウンド51さんへ。本体定価・2500円もしましたけれど、最新刊の『邪馬台国は、福岡平野にあった--通

説に惑わされない21の鍵--』(文藝春秋・刊)はもうお読みでしょうか。「使訳」の用語もバッチリでてきます。その実証的で

科学的な取材と論考は素晴らしいです。巻末の『魏志倭人伝』の全訳・読み下し文(中華書局評点本)が貴重です。

私は近々に控えている大事な緊張の仕事を、ホッポリだして、掛かりきりで熟読してしまいました。でも、なぜ福岡県に続い

て長崎県が(全国の中で)圧倒的に当時の発掘遺物の「鉄製・銅製・青銅製」などの数が(佐賀県よりも)多いのか、その数々の

一覧表を眺めて不思議でならなかった。島原半島とか、想像したりして。しかし読書の最後ページ近くなってホントに「あっ

!」と声を上げました。壱岐・対馬は、長崎県だったのだ。壱岐・対馬って「九州離れ」した地域で、なんか古代史地理での

アンタッチャブル・盲点県になっていたのでした。倭人伝の中の「一里塚」の里にも、古来、長里と短里の二種あって、それ

が長く中国でも混同されて来ていたのですって。日本国内でのメートル法と尺貫法みたいに。(以下略)開いた口を開けたまま

(ポワーん)。

[1048] お見舞い、有難うございます 投稿者:琴次郎 投稿日:2015/06/11(Thu) 21:52   [返信]
珍しく強烈な縦ぶりの雨でした雲仙岳300ミリ、南島原市220ミリ、島原市200ミリ、
今朝の3時頃に、寝てましたら、屋根の真上の、近くで
今まで、聞いたことのないような、気色が悪いような、不気味な
雷の音がしまして、普段は、家内が動き出すんですが、私が慌てて、
あちこちの電源を抜きました。
半島の周りの251号線ですか、小浜方面の、がけ崩れで、通行不能になりました。
小浜と南島原では、数万人に、避難勧告が出されました、まれなことですが
大事にはいたりませんでした。今夕に、警報が、解除されました。
大きな水害もないようです。各家庭に、防災ラジオが、あります。
長崎は、がけ崩れが、あちこちに、発生していますが、死者は、いないようです。
天草と、特に、熊本は、何処かの川が氾濫して、大水害が、発生してます。
明日は、曇り時々晴れです、ご心配のお見舞い有難うございました。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 |
記事No 削除キー

- LightBoard -